ミチノクサイシン

陸奥細辛

双子葉、離弁花、 ウマノスズグサ科、 カンアオイ属、常緑、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:5〜10センチ
東北地方などの落葉広葉樹林に生育する。
地下茎が細長くのび、茎は地面を這う。
葉は直径2〜4センチの円心形〜腎円形で、光沢がある。 葉柄は長く、淡い暗紫色を帯びる。
花は花弁のない直径約10ミリの短い鐘形の萼からなり、先が3裂し、 内側が濃い暗紫色、外側は緑色がかった暗紫色であり、 地面に接するように咲く。 内側には12本の縦ひだと数本の横ひだがあり、 6本の花柱が突き出し、その周りに12本の雄しべがある。

葉は円心形で、やや厚い。(2016/3/16)


(2017/6/6)


筒形で暗紫色の花が短い花径の先に地面に接して咲く。(2016/3/16)


(2016/3/16)


暗紫色の茎が地を這う。(2017/5/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る