マリーゴールド


双子葉、合弁花、 キク科、 コウオウソウ属 舌状花のみ、1年草。 用語説明
花期:春〜秋 5月〜10月
高さ:20〜30センチ(フレンチマリーゴールド)、50〜80センチ(アフリカンマリーゴールド)
別名:センジュギク、マンジュギク、クジャクソウ
茎は直立する。 葉は羽状複葉で、対生する(が互生するものもある)。 小葉に粗い鋸歯がある。
茎先に、黄色〜オレンジ色系統の多数の舌状花が盛り上がるように 1個咲く。 花弁にひだのあるものが多い。
強い香りがあり、根に線虫の防除効果がある。
果実はそう果。

フレンチマリーゴールド、クジャクソウ:
 やや矮性で横広がりし、花は小さいが花つきがよい。
 花の直径は5センチぐらい。
 黄色、オレンジ色、2色咲きなど、変異が多い。

アフリカンマリーゴールド、センジュギク:
 高くなり、花の直径は10センチぐらい。
 色は黄色かオレンジで、変異は少ない。

フレンチマリーゴールド


(2016/7/12)




蕾では花弁が丸く巻かれている。(2016/7/28)


羽状複葉が互生し、小葉は披針形で粗い鋸歯がある。(2015/7/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る