マネキグサ

招草

双子葉、合弁花、 シソ科、 マネキグサ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 3月〜9月
高さ:40〜70センチ
茎は直立してから分岐し、微毛がある。
葉は下部では心形、中央部では広卵形でとがらず、 上部では尖った卵形で、 鋸歯があり、対生する。 葉脈がへこみ、葉裏は白緑色である。
上部の葉腋に長さ2センチ近くの暗紅紫色の唇形花をつける。 花弁の縁に白い縁取りがあり、花冠の下唇の先は3裂する。 (手招きする形に見える。)
果実は4分果で、各分果は黒褐色の楕円形である。
日本固有種で、準絶滅危惧種。

(2017/10/18)



上の葉は尖るが中程の葉はあまり尖らない。(2017/6/6)


下の葉の先はまるい。(2017/10/18)


花も実も葉腋につく。葉や茎に微毛がある。(2017/10/18)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る