クサノオウ

瘡の王

双子葉、離弁花、 ケシ科、 クサノオウ属、2年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜7月
高さ:30〜80センチ
根生葉を叢生させたロゼットで越冬し、春に茎を直立させる。 茎は中空で、縮れた白い毛が生えているので白っぽく見える。 同じ株から茎が何本か出る。
葉は互生し、1〜2回羽状に深裂し、小葉は掌状で有毛であり、 裏面は粉白色をおびる。
花は枝先に数個つき、直径2センチぐらいの鮮やかな黄色の4弁花である。
長さ3〜4センチの細長い鞘状の朔果を立てる。中に黒い半球形の種子があり、 アリが好む種枕がついている。
植物体を傷つけると黄色い汁が出て、皮膚につくとかぶれる。 この粘液は薬効もあり、名前の由来として、「草の黄」「くさ(瘡蓋)の王」「草の王」など、諸説がある。

花は4弁で黄色い。


葉は羽根状複葉で、小葉は掌状。


(2016/5/14)




蕾には白毛がある。


細長くてくねりのある刮ハができる。


(2016/4/29)


(2015/5/6)


茎は直立〜斜上し、白毛がある。


(2016/4/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る