クサボタン

草牡丹

双子葉、離弁花、 キンポウゲ科、 センニンソウ属、夏緑、多年草(半低木)。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
高さ:約1メートル
茎は直立して上部で分枝し、下部は木質化する。 微毛がある。
柄の長い3出複葉が対生し、小葉は4〜10センチの卵形で3浅裂し、 先がとがり、粗い鋸歯がある。
茎先や葉腋から出る集散花序に、 淡紫色で細長い鐘形の花が下向きに咲く。 花は長さ1〜2センチで微細な絹毛があり、やや厚い花弁状に見えるのは萼片で、 4裂して先が反り返り、1回転半ぐらい巻く。 花には雄しべと雌しべがあるが、雌雄異株で、 一方が機能していないで雄花と雌花に分かれる。
倒卵形で褐色のそう果ができ、花柱がのびて白い毛を開出し、 羽毛状となって風で飛ぶ。
有毒植物。

花には微細な絹毛がある。(2015/9/29)


花弁状萼片が釣鐘形となって咲き、先は4裂して反り返る。(2016/9/28)


花は集散状に咲く。(2016/9/28)


花は下向きに咲く。


葉は3出複葉で、小葉は卵形で3浅裂し、鋸歯がある。(2015/9/29)


白い毛のあるそう果ができる。(2016/10/20)


(2016/10/20)


個々のそう果は小さな倒卵形。茎には微毛がある。(2016/10/20)


株立ちし、下部は木質化する。3出複葉が対生する。(2016/10/20)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る