ボタン

牡丹

双子葉、離弁花、 ボタン科、 ボタン属、落葉、低木。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:0.5〜1.8メートル
幹は直立して分枝する。幹は灰褐色で、表面は粗い。
葉は2回3出複葉か2回羽状複葉で互生し、 葉柄の基部が広がって茎を抱く。 小葉は卵形で3〜5裂するが、切れ込みのないものもある。
枝先に大きな花を1つ咲かせる。 花は直径20センチぐらいあり、萼片は5、花弁は8〜多数ある。 花弁は倒卵形でひだがある。 淡紅色が多いが、その他の色もあり多彩である。 雄しべも多数ある。花盤は袋状で、心皮を包む。
褐色の短毛の密生した角状の袋果を1個所に2〜3個つける。 熟すと裂開する。
根皮は薬用になる。
園芸品種が多数ある。



花は紅色が多いが、白などもある。(2015/5/6)




葉柄は赤みを帯びる。


蕾も大きい。


葉は2回3出か2回羽状複葉で、小葉は3〜5裂する。


果実は袋果で、淡褐色の短毛が密生する。(2017/6/3)


早春に大きい花芽と葉芽がのびる。(2016/3/16)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る