クラリーセージ


双子葉、合弁花、 シソ科、 アキギリ属、2年多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:1〜1.5メートル
別名:オニサルビア
乾燥地を好み、高温、多湿に弱い。
茎は直立する。
葉は広卵形で、浅い鋸歯があり、銀白色の細毛が密生する。
茎先の円錐花序に、淡紫色〜白色で直径1〜2センチの唇形花をつける。 花の下に苞があり、緑色だけでなく、淡紅色などに色づいたりする。
分果ができる。
花と葉に強い香りがある。
春や秋に種まきできるが、地上部は冬に枯れる(暖地では枯れない)。
精油をとるためなどに栽培される。
ヨーロッパ、中央アジア原産。

唇形花が円錐状に咲く。(2017/6/3)


花の下に苞がある。(2017/6/24)


葉は広卵形で、銀白色の細毛が密生する。(2017/6/3)


花後に苞が残る。(2017/6/24)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る