クララ


双子葉、離弁花、 マメ科、 クララ属、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:50〜150センチ
日当たりの良い草原に生え、根は肥大して塊根となる。 茎は株立ちして直立し、下部は木質化する。
葉は互生し、15〜25センチもある奇数羽状複葉で、狭楕円形の 小葉を15〜40枚つける。
茎の先に1メートルぐらいの高さがある総状花序を出し、 淡黄色の蝶形花を密生させる。
豆果は長さ7〜8センチの円柱形で、数珠状にくびれる。
毒草で、根を噛むと(くらくらするほど)苦いが、 それを生薬として利用する。



茎は直立して高くのびる。


(2016/4/29)


株立ちする。(2016/4/15)


葉は奇数羽状複葉で、小葉は狭楕円形。(2015/9/29)


小葉は10対以上ある。


茎先に穂状花序を出す。(2016/5/5)


穂は高く伸びる。(2016/5/5)


豆果は数珠状にくびれる。(2015/7/2)


裂開すると褐色の豆が現れる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る