クマノギク

熊野菊

双子葉、合弁花、 キク科、 ハマグルマ属、筒状花と舌状花をもつ。多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜10月
高さ:20〜50センチ
別名:ハマグルマ
やや湿った所に生える。 茎は地面を這って分枝し、節から根を出して 立ち上がる。
葉は約5センチの被針形で、低い鋸歯があり、対生する。 短くて白い剛毛があり、葉がざらつく。
葉腋から出る長い花柄の先に舌状花と筒状花の黄色い花を 1つつける。 花径は2〜2.5センチで、舌状花は7〜10枚あり、先が浅く2〜3裂する。
そう果には冠毛がある。
自生していた和歌山県などでは絶滅が危惧されている。

花径が長く、葉に白くて短い剛毛がある。


筒状花も舌状花も黄色く、筒状花はやや長い。(2016/10/2)


茎は這ってから斜上し、葉は披針形で対生し、つやがある。(2016/10/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る