クジャクサボテン

孔雀サボテン

双子葉、離弁花、 サボテン科、 クジャクサボテン属、常緑、多肉植物、多年草(木本の性質もある)。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:0.5〜1メートル
葉のように見えるのは葉状茎あるいは茎節(けいせつ)と呼ばれる。 この葉状茎は不規則なくびれのある板状で、所々で2つに枝分かれする。 棘はない。 支柱がないと傾く。 春と秋に成長し、冬は休眠する。
初夏に茎から出る太い花径に直径10〜20センチの花を単生させる。 花は金属光沢のある多数の細い花弁をもつ。 色は白や黄色、朱色、ピンクなどいろいろある。花は1日でしぼむ。
楕円形で鶏卵大の赤紫色をした肉質の果実のできることがある。
メキシコ原産。

(2007/5/16)


茎から出る花径に白い大きな花が咲く。(2016/5/18)


長い花柱の先が車輪状に分かれ、まわりに雄しべが多数ある。(2016/5/18)


葉状茎から出る花径は、肉質で太い。(2016/5/18)


長さ10センチぐらいの大きな蕾がつく。(2016/5/15)


葉状茎は平たくてくびれがある。


茎はところどころで分岐する。支柱がないと倒れる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る