コウゾリナ

髪剃菜

双子葉、合弁花、 キク科、 コウゾリナ属、舌状花のみ。2年草。 用語説明
花期:春〜秋 5月〜10月
高さ:30〜100センチ
秋に芽が出て被針形の葉を束生させたロゼットで越冬する。 茎は直立して高くのび、上部で枝分かれする。 茎や葉に剛毛があってざらつく。茎の剛毛は赤い。 (剃刀菜がなまってコウゾリナとなったと言われる。)
下部の葉は長さ6〜15センチの倒披針形。 中ほどの葉は長さ4〜12センチの披針形で互生し、茎を抱く。 根生葉は花期には枯れる。
茎は多数に分枝し、 その枝先に舌状花のみからなる直径2〜2.5センチの黄色い頭花を1個つける。 総苞は緑色で剛毛がある。
赤褐色のそう果をつけ、冠毛は羽状となる。

(2010/4/24)


茎の上部で分枝する。


茎や枝には赤い棘のような毛がある。(2009/4/20)


茎葉は披針形。葉はざらつく。(2011/4/10)


葉には白い微毛がある。(2015/5/16)


若いときは根生葉がある。茎は直立し、茎葉は互生する。(2009/4/19)


根生葉は披針形で、目立たない鋸歯がある。 (2017/4/22)


中ほどの葉は茎を抱く。(2009/4/19)


花は舌状花のみ。(2015/5/16)


花柱は最初は棒状に融合している。 (2017/4/22)


舌状花の先には細かい裂け目がある。(2009/4/19)


上部で分枝した枝先に、楕円形の蕾をつける。(2015/4/30)


総苞に荒い毛がある。(2009/4/20)


総苞は湯飲み形で、披針形の総苞片に剛毛がある。(2017/4/22)


冠毛は淡褐色。(2017/5/6)


花期の終わり頃には茎が赤褐色になる。(2017/5/6)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る