コスモス

秋桜

双子葉、合弁花、 キク科、 コスモス属 筒状花と舌状花をもつ。1年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:1.5〜3メートル
日当たりが良ければさせ土地でも生える。 茎は直立したあと、よく分枝する。 茎の下部から側根を出すこともあり、倒れると根を出す。
2回羽状に細かく分岐した葉を対生させ、葉腋から細い柄を出して 4センチぐらいの頭花を1個つける。 筒状花は黄色、舌状花は桃色のことが多いが、 赤や白など、様々な園芸種がある。
果実はそう果で、種子は黒褐色で細長く、 上部に細長くなった嘴(くちばし)がある。 そう果には縦溝があり、嘴にはごく小さな棘がある。
メキシコ原産。





葉は糸状に細裂する。


花の色には様々のものがある。


白いコスモス。(2017/9/29)


蕾は球形が少しへしゃげた形。


花後の未熟な実。(2015/10/14)


熟した果実。黒褐色のそう果に細い嘴がある。(2015/10/22)


そう果には縦溝があり、その上部と嘴には小さい棘がある。(2015/10/22)




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る