コシオガマ

小塩竃

双子葉、合弁花、 ゴマノハグサ科、 コシオガマ属、半寄生、1年草。 用語説明
花期:秋 9月〜10月
高さ:30〜60センチ
茎は直立し、柔らかな腺毛が密生し、べたべたする。 自分でも光合成するが、 他の植物の根からも栄養をとる半寄生植物である。
葉は対生し、三角状卵形で羽状に裂け、 裂片はさらに裂けて不規則な鋸歯を構成する。 葉にも腺毛がある。
枝の上部の葉腋に淡紫色の花を1つずつつける。 花冠は太い唇形で、上唇は2つに下唇は3つに分かれる。
刮ハは長さ約1センチのゆがんだ卵形で、小さい種を多数含む。

花冠は、上唇は2つに、下唇は3つに裂け、それぞれ反り返る。


下唇に2本の隆起がある。(2015/10/19)




花に腺毛がある。(2017/10/27)


葉にも腺毛がある。(2017/10/27)


刮ハはゆがんだ卵形。葉は羽根状に裂け、裂片には不規則な鋸歯がある。


縦に2つに割れる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る