コリアンダー(コエンドロ)


双子葉、離弁花、 セリ科、 コエンドロ属、1年草〜2年草。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:0.5〜1メートル
別名:コエンドロ、パクチー
茎は直立してまばらに分枝し、芳香がある。
葉は奇数羽状複葉で互生し、茎の上部ではコスモスの葉のように 糸状に裂けるが、下部ではセリのように少し幅広となる。 カメムシのような臭いがするが、若葉は香辛料として利用される。
枝先の複散形花序に白〜ピンクの5弁花が密集して咲く。
果実は直径3〜5ミリの球形で淡褐色であり、 その中に2分果が入っていて、 乾燥して粉にするとオレンジの香りがし、 カレー用などの香辛料として利用される。
コリアンダーの葉はパクチーと呼ばれることが多く、 果実を香辛料として使う時はコリアンダーと呼ばれることが多い。
地中海東部原産。

上部の葉はコスモスのように糸状に裂ける。 (2015/5/6)

花は散形花序が複数集まった複散形花序で、小花の花被片は外向きの3枚は長く、内向きの2枚は短い。 (2015/5/6)

小花の蕾は5個の球で構成され、それが10個近く集まって散形花序となり、
さらにそれが5〜6個集まって複散形花序となる。 (2017/5/19)


開花に伴って小花が分散し、長短のある白い花被片が展開する。 (2017/5/19)


開花が進むと散形花序の間隔も広がり、大きな複散形花序となる。 (2017/6/6)


コリアンダーの蕾 (2020/4/30)


葉は上部では糸状に細裂し、下部では少し幅広に裂ける。


下部の裂片は少し幅広。


高くのびる。(2017/5/19)


淡褐色の丸い果実ができる。(2017/6/6)


果実には突起がある。(2017/6/6)


葉を香辛料として食べるときは、パクチーと呼んで育てることが多い。 (2016/4/15)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る