コナスビ

小茄子

双子葉、合弁花、 サクラソウ科、 オカトラノオ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:5〜20センチ
茎は地を這って広がり、軟毛がある。
葉は1〜2.5センチの広卵形で、先が短くとがり、軟毛があって、対生する。
葉腋から短い花柄を出し、直径5〜7ミリの黄色い花を1個つける。 合弁花であるが、花冠が深く5裂するので、離弁花のように見える。
果実は直径4〜5ミリの球形の刮ハで、5裂した萼が受け皿となっており、 熟すと5つに割れて多数の種子が出る。

(2010/5/29)


花冠が5裂し、裂け目に萼片が見える。Photo by H. O. (2011/5/25)


葉は広卵形で軟毛がある。(2010/5/29)


茎に軟毛があり、球形の刮ハを萼片が支えている。(2010/5/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る