コモチマンネングサ

子持ち万年草

双子葉、離弁花、 ベンケイソウ科、 キリンソウ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:6〜20センチ
茎は柔らかい多肉質で、下部は地上を這い、上部は直立ないし斜上する。
葉は1〜2センチの細長い多肉質で、黄緑色であり、 茎の下部では卵形で対生し、上部では細長くて互生する。
茎先の散形花序に、1センチ弱の黄色い5弁花が咲く。
葉腋に2〜6枚の葉をもつムカゴをつけ、種はできないがこのムカゴでふえる。







乾燥した所で生育する。


葉腋のムカゴ


ムカゴは双葉の形をしている。(2016/6/4)


発根したムカゴで冬を越す。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る