コミカンソウ

小蜜柑草

双子葉、離弁花、 トウダイグサ科、 コミカンソウ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:5〜10センチ
茎は直立して赤みを帯びる。
横枝に長楕円形の葉が規則正しく互生する。 芽生え時には、葉は先の丸い扇形で、螺旋状につく。
花は6弁で小さく、葉腋に1つずつ付く。枝の先の方の葉腋には白い雄花、中央から基部近くの葉腋には赤みを帯びた雌花が付く。
2.5ミリの小さい赤褐色の朔果がミカンの実のようにつく。 表面に多数の小さいいぼがある。





雄花には白い花被片が6枚ある。(2017/7/29)


雌花には赤い花被片が6枚ある。(2017/7/29)


果実には雌花の花被片が残る。(2017/7/29)


直立した茎から枝を横に広げる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る