キュウリ

胡瓜

双子葉、合弁花、 ウリ科、 キュウリ属、つる性、1年草。 用語説明
花期:夏
茎は中空で小さい棘があり、ヒゲヅルで木や支柱にからむ。
葉は互生し、葉柄が長く、切れこみの浅い掌状の葉をつける。
夏に葉腋に小さい実のついた雌花かそれがつかない雄花を1個咲かせる。 花冠は5裂し、黄色い。
雌花の果実は受粉しなくても大きくなる。 果実は小さい棘をはやしており、 大きく熟すと太い円柱状で黄色くなるが、 未熟の細くて緑色のときに収穫することが多い。



茎や葉柄に小さい棘がある。花は葉腋につき、花冠は黄色くて5裂する。


花に果実の幼生があり、花後にそれが大きくなる。


葉に対生するヒゲズルでからむ。果実は円柱形で日に日に大きくなる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る