キツネノマゴ

狐の孫

双子葉、合弁花、 キツネノマゴ科、 キツネノマゴ属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:10〜40センチ
茎は分枝して立ち上がり、下向きの短毛があり、 節ごとに葉を対生させる。茎の断面は四角になっている。
葉は長さ2〜5センチの卵形で、短い柄があり、両面に毛がある。
花は長さ8ミリぐらいの淡い紅紫色の唇形で、 茎先の花穂に密集してつくが、一度には数個ずつ咲き、 全部がそろって咲くことはない。 花の基部には苞がある。
長さ6ミリぐらいの朔果がつき、種子を4つ含む。種子は熟すと黒くなる。



葉は先のとがった卵形で、対生する。


葉には白毛がある。 (2012/10/6)


茎先や上部の葉腋から出る穂状花序に、唇形の花が数個ずつ次々と咲く。


紫色の唇に白い紋がある。 (2016/9/17)


(2016/9/17)




花後。 (2018/9/30)


(2015/10/27)


花後に楕円体の果実ができる。 (2016/10/2)


紅葉する。(2014/11/16)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る