キレンゲショウマ

黄蓮華升麻

双子葉、離弁花、 ユキノシタ科 (新分類ではアジサイ科)、 キレンゲショウマ属、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:0.8〜1.2メートル
深山に希に生える。
茎は無毛で直立し、群落をつくる。
葉は10〜20センチの円心形で対生し、掌状に浅裂して先がとがり、 鋸歯がある。 葉の表には細毛がある。葉裏は伏毛があって白っぽくなる。
茎先(の集散花序)に、黄色い鐘形の花を数個、斜め下向きにつける。 花弁はやや肉厚で5枚あって、らせん状に巻かれており、雄しべは15本あり、 花柱が3本小さいつの状にのびる。 花序の下には苞が対生する。 萼はコップ状で、5浅裂する。
楕円形の刮ハができ、角が3本ある。
絶滅危惧種。



双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る