キランソウ

金襴草

双子葉、合弁花、 シソ科、 キランソウ属、多年草。 用語説明
花期:春 3月〜5月
高さ:5〜25センチ
別名:ジゴクノカマノフタ
茎は丸く、地を這って四方に広がり、全体に縮れた細毛がある。
根生葉はロゼット状にはりつき、4〜6センチの倒披針形で、波状の鋸歯があり、 縁などが紫色を帯びることもある。葉裏は紫色である。 茎葉は対生し、小さい。
葉腋に約1センチの濃紫色の唇形の花を数個つける。 下唇は大きくて3裂して開き、上唇は短くて2裂し、萼は5裂して 毛がある。
果実は卵球状の4分果が実る。
筋骨草という生薬として使われる。 別名がジゴクノカマノフタというのは、根生葉が蓋のように広がるためという説と、 薬効によって病気を治し地獄の釜に蓋をするという意味という説がある。





葉は倒被針形。


全体に縮れた毛がある


茎にも葉にも花にも毛がある。(2016/4/16)


葉は紫色を帯びることがある。茎は四角でなく丸い。


冬はロゼット状に地面に張り付く。


茎は四方に広がる。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る