キンセンカ

金盞花

双子葉、合弁花、 キク科、 ジニア属、舌状花と筒状花をもつ。1年草。 用語説明
花期:春〜夏 3月〜6月
高さ:30〜90センチ
別名:カレンデュラ
春から夏にかけて咲くが、暖地では冬に咲かせることもできる。
花茎は太くて直立し、軟毛がある。
根生葉はへら形であり、 茎葉は5〜18センチの長楕円形で、やや厚く、軟毛があり、 互生する。
茎先に直径1.5〜10センチのオレンジ色(あるいは黄色)の花が1個咲く。 舌状花が多数あるものが多い。 日が上ると開き、落ちると閉じる。
果実はコイルを湾曲させたようなものが円周上にならんだ形を しており、そう果が実る。
万重(まんじゅう)咲きや矮性種など、多くの品種がある。 小輪で横広がりになるものはホンキンセンカと呼ばれる。
花の抽出液は擦り傷や手荒れの手当にも使われる。
南ヨーロッパ原産。



(2016/3/16)


根生葉はへら形。茎葉は長楕円形で互生する。(2016/3/16)




茎や葉に軟毛が密生する。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る