キンギョソウ

金魚草

双子葉、合弁花、 ゴマノハグサ科、 キンギョソウ属、秋蒔き1年草(環境によっては多年草)。 用語説明
花期:春〜夏 3月〜6月(秋蒔き)、8月〜9月(春蒔き)
高さ:20〜100センチ
茎は直立し、草丈の低いものや高いものなど、品種が多い。
葉は狭被針形で、互生する。
茎先から花茎が直立し、 花被片が幅広で金魚のひれのように見える唇形花が穂状に多数咲く。 花冠は5裂する。 色は白、黄色、赤、淡紅色、紫など多彩である。
球形の刮ハができる。
地中海地方原産。





花弁は金魚の腹のように膨らむ。(2016/4/16)


蕾。茎が太くて直立する。


花の色は多彩。




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る