キキョウソウ

桔梗草

双子葉、合弁花、 キキョウ科 、キキョウソウ属、1年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜7月
高さ:30〜80センチ
別名:ダンダンギキョウ
茎はあまり分枝しないで直立し、毛の生えた稜がある。
葉は互生し、1.5センチの卵形で、基部は心形となり、 茎をいだく。
花は葉腋につくが、 葉がまばらに互生するので、 花は直立した茎にまばらに何段もつくことになる。 最初は閉鎖花がつくが、後に紫色で先の5裂した花が1〜3個つく。 花柱は先が3裂する。
果実は萼片が上端に残った筒状のさく果で、 熟すと横に窓ができて、その覆いがまくれあがり、 淡褐色でつやのない種子がこぼれ落ちる。



(2016/5/29)


蕾には毛があり、断面は星形。花冠は青紫色。


(2016/5/29)


花柱の先は3裂する。茎はあまり分枝しない。


茎には稜があり、何段にも花が咲く。


葉は小さい卵形で、花や刮ハの受け皿となっている。(2016/5/29)


刮ハは萼片が上端についた筒状。(2015/5/25)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る