キキョウ

桔梗

双子葉、合弁花、 キキョウ科 、キキョウ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:0.5〜1メートル
根茎は太い黄白色のものが深く伸び、漢方薬の原料になる。 茎は直立する。
葉は下部では輪生するが上部では互生し、 4〜7センチの狭卵形で、鋭い鋸歯がある。
茎の先に4〜5センチの釣り鐘形の青紫色の鐘形の花が数個つく。 花冠の先は5裂するが、つぼみの時は風船のように閉じている。。 花は雄性先熟で、雄しべが花粉を出し終わったあとで花柱の先が開く。
果実は先が5裂する朔果で、ふた付きの細長いお椀のような形をしている。



花冠も萼も5裂する。初めは雌しべも雄しべも閉じている。(2016/7/28)


雄性先熟で、雄しべが花粉を出し終わってから花柱の先が5裂する。(2016/7/13)


(2015/9/29)


茎は直立し、葉は先のとがった狭卵形で鋸歯がある。(2015/9/29)


葉は4輪生、3輪生、対生と変化した後、互生する。(2016/7/28)


蕾。


風船のような蕾が開く。


刮ハはお椀状。(2015/10/19)


刮ハの先も5裂する。(2016/10/15)


種子は黒い。(2015/10/8)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る