キバナノクリンザクラ

黄花の九輪桜

双子葉、合弁花、 サクラソウ科、 サクラソウ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜6月
高さ:20〜30センチ
茎は直立し、短毛が密生する。
葉は長さ8〜12センチのへら形で浅鋸歯があり、 脈がくぼみ、縮れたように皺があり、 多数根生する。
春に細い花茎を直立させ、 その先に5深裂し柄のある黄色い花を散形状に、横向きに咲かせる。 各裂片の先には浅い切れ込みがあり、基部に橙色の斑がある。 花は一見桜に似ているようであるが、直径2〜3センチの高坏形で、 中央部は筒状となっており、 その穴の中に雌しべ1本と雄しべ5本がある。 萼片は5枚あり、萼筒が長い。 花色には橙や赤もある。
梅雨明けになると休眠する。
萼に包まれて刮ハが実る。





花冠は5裂したのち先が浅く2裂し、花の中心に橙色の斑紋がある。


(2016/4/15)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る