カワラマツバ

河原松葉

双子葉、合弁花、 アカネ科、 ヤエムグラ属、多年草。 用語説明
花期:夏 7月〜8月
高さ:30〜80センチ
河原などに生える。 茎は直立し、断面は四角形で、冬は節間が短くなって、丈が低いものとなる。 茎や葉に軟毛が生えるがヤエムグラのように逆向きではない。。
葉は2〜3センチの線形で先端に短い棘があり、厚くて光沢があり、 輪生しているように見える。
茎の先や上部の葉腋に小さい白い花を円錐状に多数つける。 花冠は4裂して平開する。
直径約1ミリの球形の果実がつき、2分果で構成される。



葉は線形で、輪生しているように見える。


茎は直立し、白い短毛がある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る