カンゾウ

甘草

双子葉、離弁花、 マメ科、 カンゾウ属、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:50〜100センチ
長さ1〜2メートルになる根茎があり、地下茎を四方にのばす。 茎は直立し、茎や葉に細毛が密生する。
羽状複葉が互生し、小葉は全縁の長卵形で先がとがり、 4〜8対ある。
夏に、葉腋から出る総状花序に淡紫色の蝶形花が 密集して咲く。
豆果は円柱状で、晩夏に熟す。
根茎や地下茎を乾燥させて生薬の甘草を作る。 醤油の甘み付けにも使われる。
中国や内蒙古に自生する。



ウラルカンゾウ。豆果には毛があり、波打っている。(2015/7/2)


ウラルカンゾウ。奇数羽状複葉で、乾燥地の品種であるため、主根が長い。(2015/7/2)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る