カモミール


双子葉、合弁花、 キク科、 シカギク属、舌状花と筒状花をもつ。秋蒔き1年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:60センチ
別名:カミツレ
耐寒性がある。 茎は太いが枝は細くてよく分枝する。
2回羽状複葉が互生し、羽状に細かく裂ける。
細長い枝先に直径約センチの頭花が単生し、 舌状花は白くて反り返り、筒状花は黄色くて盛り上がる。 花にはリンゴに似た香りがある。
カモミールと言われるのは、筒状花部分の盛り上がりが大きく、 (花には香りがあるが)葉や茎には香りのないジャーマンカモミールを指すことが多い。 ローマンカモミールといわれる品種もハーブとして使われるが、 それは 筒状花部分の盛り上がりが少なく、 花だけでなく葉や茎にもリンゴに似た香りがすること、 そのハーブティーには苦味がある点 などがジャーマンカモミールと異なる。
果実はそう果。
花はハーブとして利用される。
ヨーロッパ、西アジア原産で、江戸時代に渡来。



葉は羽状に細裂する。(2016/3/16)


(2016/4/15)


茎は太くて直立する。(2016/4/15)


筒状花は盛り上がり、舌状花は反り返り気味となる。


(2016/4/15)


ジャーマンカモミールは筒状花部分の盛り上がりが大きい。(2017/4/22)


ローマンカモミール。(2015/7/2)


ローマンカモミールは筒状花部分の盛り上がりが小さい。(2016/5/5)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る