カッコウチョロギ

郭公草石蚕

双子葉、合弁花、 シソ科、 イヌゴマ属、多年草。 用語説明
花期:春〜秋 5月〜9月
高さ:30〜70センチ
別名:カッコウソウ(郭公草)、ベトニー
チョロギ のような根塊はないが、長い鬚根がある。 茎は断面が4角で、直立する。
葉は長さ8〜12センチの楕円形〜長楕円形で、 鋸歯があり、対生する。 茎や葉に銀白色の細毛が密生する。
長さ約30センチの花径の先の穂状花序に、 直径約1センチの淡紅色〜白色の唇形花をつける。
花後の萼の中に4分果ができる。
生薬や染料の原料として利用された。
ヨーロッパ原産。

(2016/7/27)


葉は楕円形〜長楕円形で鋸歯がある。(2016/7/27)


茎は直立する。(2016/7/27)


茎や葉に細毛が密生し、葉は対生する。(2016/7/27)


4分果ができる。(2016/7/27)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る