カボチャ

南瓜

双子葉、合弁花、 ウリ科、 カボチャ属、つる性、1年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
茎は中空で太く、小さい棘があり、地を這ったりヒゲヅルで木などに はい登ったりする。ひげづるが葉腋から出る。
葉は互生し、切れこみがないか浅い掌状で、大きさは10〜30センチと 品種によって様々である。葉柄が中空で長い。
初夏に小さい実のようなものがついた雌花とそれがつかない雄花を 葉腋に1個咲かせる。花はラッパ形で黄色く、花冠が5浅裂する。 雌花が受粉すると50日ぐらいで実が大きく実る。 受粉は開花した日の午前9時ぐらいまでで、そのときに付近に雄花がないと 受粉できなくて雌花は落ちる。
実は直径10センチぐらいから30センチぐらいまでの偏球形で、 品種によって様々であり、 50センチ以上に大きくなるものもある。
実にくぼんだ畝のあるのが中央アメリカ起源の東洋カボチャ(日本カボチャ)で、 畝のないのがアンデス起源の西洋カボチャである。日本カボチャは煮くずれしにくく、 西洋カボチャは栗カボチャとも言われて甘い。
管理がよいと、冬至カボチャと言われるように、収穫後6ヶ月以上保存できる。
南北アメリカ原産。

雌花には実のようなものがついている。(2004/6/16)


(2015/6/23)


(2004/6/16)


雄花の蕾には実のようなものはつかない。(20015/6/13)


(20014/7/2)


成長中の実。(2015/6/30)


実には花の痕がヘソとして残る。葉柄や葉に剛毛がある。(2016/8/12)


二ホンカボチャの実。くぼんだ縦畝がある。(2015/9/29)


葉は大きくて、掌状に浅裂する。(2015/7/2)


冬まで残った実の中で発芽した種。(2004/12/4)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る