ジャガイモ


双子葉、合弁花、 ナス科、 ナス属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜6月
高さ:50センチ以上
別名:バレイショ(馬鈴薯)
茎は太くて柔らかく、直立して分枝する。
葉は奇数羽状複葉で互生し、小葉は先の尖った広卵形である。
茎先や葉腋に散形花序を出し、 白くて反り返った花弁と黄色い葯をもつ5弁花をつける。 花には薄紫などのものもある。
ミニトマトのような、球形の液果のできることがあり、 その中にはトマトの種に似た種が入っている。(有毒)
地下茎にデンプンが溜まって芋になる。 冷涼な気候を好む。痩せ土地でも育つ。
南米原産。



5弁の花が散形状に咲く。 (2015/5/16)


(2010/5/30)


茎は太く、奇数羽状複葉が互生する。 (2017/5/19)


小葉は先の尖った広卵形。


ニジュウヤホシテントウの食害をうけやすい。 (2015/5/16)


広く作付けされるが、連作障害があるので、翌年は別のものを植える必要がある。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る