イセハナビ

伊勢花火

双子葉、合弁花、 キツネノマゴ科、 イセハナビ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜9月
高さ:50センチ
茎は4稜があって直立し、よく分枝して茂る。 古い茎は木質化する。
葉は3〜6センチの被針形で、十字対生する。 波状の鋸歯があるが、目立たない。
枝先に短い穂状花序を出し、 淡紫色で1〜2センチの漏斗状の花を10個ぐらいつけ、 花冠は5裂する。一日花である。
長楕円形の刮ハが実る。
東南アジア原産で、江戸時代に渡来した。





双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る