イヌナズナ

犬薺

双子葉、離弁花、 アブラナ科、 イヌナズナ属、2年草。 用語説明
花期:春〜夏 3月〜6月
高さ:10〜20センチ
茎は直立するが、横倒しになってから立ち上がることも多い。 茎や葉に星状毛が密生する。
根生葉はへら状。 茎葉は長さ1〜3センチの楕円形で粗い鋸歯があり、 基部が茎を抱いて互生する。
茎先に総状花序がつき、小さくて黄色い4弁花が咲く。 萼片も5枚ある。6本の雄しべのうち、4本が長く2本が短い。 花は総状花序の外側から順番に咲き、 花柄がのびるとともに花柄間の茎ものびるので、 頂上は密だが下方は疎な花序となる。
果実は、扁平な長楕円形の短角果で、斜め上を向き、 長さは5〜8ミリあり、短毛が密生する。

(2017/4/13)


茎先の総状花序に黄色い4弁花が咲く。短角果は扁平な楕円形。(2017/4/13)


茎葉は楕円形で茎を抱き、鋸歯がある。(2017/4/13)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る