イヌホオズキ

犬酸漿

双子葉、合弁花、 ナス科、 ナス属、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜10月
高さ:30〜60センチ
別名:バカナス
茎は直立し、何度か分枝する。
葉は互生し、広卵形で波状の鋸歯がある。 葉柄には狭い翼がある。
茎の途中から出る花柄の先に、数個の白い花を短い間隔で総状につける。 花冠は深く5裂し、後ろ向きに反り返る。萼は浅く5裂する。
液果は0.7〜1センチの球形で、数個が順々に分枝してぶらさがり、 熟すと黒くなるが、光沢はない。
有毒である。
アメリカイヌホオズキ は、茎が細くて横広がりに分枝し、 葉も細くて薄い点と、花柄が1点から分岐し、果実に光沢がある点が異なる。




白い花冠が5深裂して後ろ向きに反り返り、黄色い葯が花冠から突き出す。



花柄は短い間隔で順々に出る。(2015/10/28)


丸い液果は黒熟し、光沢はないい。


果柄も短い間隔で順々に出る。(2015/10/28)


アメリカイヌホオズキでは、果柄が1点から分枝し、果実に光沢がある。


葉は尖った広卵形で、低い波状鋸歯がある。(2017/9/21)


(2015/10/28)






何度か分枝して高さ50センチぐらいになる。(2015/10/14)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る