インカナッツ


双子葉、離弁花、 トウダイグサ科、 プルケネティア属、常緑、つる性、多年草。 用語説明
花期:春〜夏
蔓の長さ:2〜3メートル
別名:サチャインチ
気温が10度以上の地に生える。
つるは分岐しながら細長くのびる。 部分的に木質化し、15〜50年生きる。
葉は卵心形で先がとがり、葉柄が長く、互生する。
花には 5枚(4〜7枚のこともある)の翼の張り出した子房を持つ雌花と、 淡黄色の丸い物が頭状に集まった雄花がある。
直径3〜5センチで厚い星形の果実ができ、 緑色の鞘が褐色になると熟して、 膨らんだ円盤状の種子が5個出る (4〜7個のこともある)。
種子にはオメガ脂肪酸などが多く含まれ、 健康に良いとされている。
ペルー、アマゾン上流域原産。 日本では2006年頃市場に出て知られるようになった。

(2017/9/30)


他のものにからむ。(2017/9/30)


葉柄が長くて互生する。(2017/9/30)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る