ホタルカズラ

蛍蔓

双子葉、合弁花、 ムラサキ科、 ムラサキ属、常緑、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:10〜20センチ
茎はかたく、つるのように地をはう。花後にはつる先に新しい株をつくる。
葉は3〜6センチの倒披針形で、互生する。
花は直径1.5〜2センチで上部の葉腋に1個ずつつき、青紫色の花冠は5裂し、 花の中央部から外側へ、白い隆起した線が走る。
4つの卵形の分果が丸く集まった果実をつける。 各分果は白くて表面が滑らかである。
全体に粗毛がある。

花は青紫色で花冠が5裂する。

花の中心部から5本の白い隆起が端へ向かう。(2015/4/30)


葉は倒披針形で互生する。(2016/4/29)


(2016/5/5)


全体に粗毛がある。(2015/5/6)


花後に地を這う茎を出し、その先にまた株を作る。(2016/5/5)




横広がりになる。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る