ホタルブクロ

蛍袋

双子葉、合弁花、 キキョウ科 、ホタルブクロ属、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:40〜80センチ
匍匐枝を横に出してふえる。 茎は直立する。
根生葉は葉柄の長い卵心形で花期には枯れる。 茎葉は互生し、鋸歯のある3角状卵形または披針形で、 下部では翼のある柄があるが、上部では無柄となる。 ふぞろいな鋸歯がある。
茎の上部の葉腋に4〜5センチの釣鐘状で先が5裂する花を1個下向きにつける。
花冠は淡紅紫色ないし白色で、濃色の斑点があり、 萼の付属体が反り返る。
変種の ヤマホタルブクロ には、この付属体がない。
果実は半球形の刮ハで、萼片が残り、種子は扁平な楕円形で、狭い翼がある。

花は釣鐘状、蕾は袋状。




萼にも葉裏にも毛がある。(2015/6/13)


茎にも毛がある。葉は3角状卵形で鋸歯がある。(2015/6/13)


花の内側にも毛がある。柱頭は長い。(2015/6/13)






葉は3角状卵形で、鋸歯がある。 (2018/6/19)


茎の下部の葉には葉柄があり、それには翼がある。(2014/6/2)


茎の上部の葉には葉柄がなく、葉身の基部が茎を抱く。(2017/6/3)


萼のくびれ部分に反り返った付属体がある。


萼の付属体。(2015/6/13)


次のヤマホタルブクロには萼にそりかえった付属体がない。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る