ホソバシャクヤク

細葉芍薬

双子葉、離弁花、 ボタン科、 ボタン属、多年草。 用語説明
花期:春 4月〜5月
高さ:30〜50センチ
別名:イトバシャクヤク(糸葉芍薬)
葉は互生し、葉柄の先の葉身は糸状に細かく裂ける。
茎先に直径5〜8センチの赤い花が咲く。 花弁は5〜10枚、萼は5枚あるようである。 黄色い雄しべが多数ある。
多様な園芸種がある。
ヨーロッパ南東部、コーカサス地方に自生する。

枝先に蕾が単生する。(2016/4/15)


葉は互生する。(2016/4/15)


葉身は糸状に細かく裂ける。(2016/4/15)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る