ホソバセンナ


双子葉、離弁花、 マメ科、 センナ属(またはカワラケツメイ属)、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 月〜月
高さ:60〜90センチ
茎は平滑で、節ごとに少し屈曲して分枝し、 ジグザグにのびる。
偶数羽状複葉が互生する。 小葉は先のとがった狭楕円形で、5〜8対つく。
葉腋から出る花穂に黄色い(蝶形になりきっていない)5弁花が咲き、 花の内側に褐色の部分がある。 花被片は玉じゃくし形である。
平たい豆果ができ、豆を10個ぐらい含む。
便秘薬などに利用される。
アラビア原産。

偶数羽状複葉が互生する。(2016/10/15)


(2016/10/15)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る