ヒロハセネガ


双子葉、離弁花、 ヒメハギ科、 ヒメハギ属、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜8月
高さ:20〜30センチ
冷涼な気候を好む。
根は多数の細根に分かれ、淡黄色をしている。 茎は直立し、1年目は1本だが、年数を経ると叢生する。
葉は卵状披針形で先がとがり、葉柄はなく、互生する。
枝先の総状花序に小さい白〜緑白色の蝶形状の花を咲かせる。 (蝶というよりも、 白い甲羅状の羽を持つ甲虫が羽を広げたような形である。)
果実はやや扁平な丸い刮ハで、紫色の萼が残り、種子を2つ含む。
根を鎮咳や去痰などのための薬草として使う。
北米原産。名称は北米のセネガ族に由来する。20世紀初期に渡来。

(2016/10/15)


蕾には紫色の萼片がある。(2016/5/5)


枝先に白い蝶形花が総状に咲く。 (この場合は白い半球を左右に広げたような形の花)(2016/10/15)


花糸は白い。 (2018/5/19)


緑色の袋状のは刮ハで、種子を2つ含む。(2016/10/15)


果実はできはじめの時、花弁に半分包まれたようについている。(2017/9/30)


果実はやや扁平。 (2018/10/16)


果実には紫色の萼が残っている。 (2018/10/16)


葉の縁に微細な鋸歯がある。(2015/9/29)


葉には葉柄がなく、互生する。(2015/9/29)


茎は細長く斜上する。(2017/6/3)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る