ヒナギク

雛菊

双子葉、合弁花、 キク科、 ヒナギク属、舌状花と筒状花をもつ。秋蒔き1年草。 用語説明
花期:春 3月〜5月
高さ:10〜20センチ
別名:デイジー、デージー
冷涼な地方を好み、暖かい地方では夏を越しにくい。
へら形で鋸歯のある葉が根生する。 葉は薄くて短毛が密生している。
太くて短く、葉のない花径を直立させ、淡紅色や赤、白などの 舌状花と、黄色い筒状花を持つ花を平開する。 花径は2センチぐらいのものから10センチぐらいの ものまであり、舌状花も平たいものと管状のものが ある。
そう果には毛がある。
ヨーロッパ原産。



舌状花が多数ある。


花径は太くて直立する。


葉はへら形。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る