ハヤトウリ

隼人瓜

双子葉、合弁花、 ウリ科、 ハヤトウリ属、つる性、1年草。 用語説明
花期:夏〜秋 8月〜9月
茎は中空で、ヒゲヅルで草木などにからみ、 旺盛に枝を広げて木などに覆い被さる。
掌状に3浅裂した直径10センチぐらいの葉が互生する。 葉柄は長い。
葉腋に花冠の5裂した淡黄色の花が頭状に集まって咲く。 雌花の基部には小さい実のようなものがついている。
秋口に 10センチぐらいの洋梨形で淡黄緑色の果実を1株に 100個ぐらいつける。 果実は中空でなく、中央に大きい種子が1個あり、 果肉に密着している。
漬け物などにして食べる。
南アメリカ原産で、前年の実を保存しておいて春にそれを 発芽させる。






白い5弁花が頭状にかたまって咲く。(2016/10/15)


果実




双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る