ハタザオキキョウ

旗竿桔梗

双子葉、合弁花、 キキョウ科 、キキョウ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 6月〜10月
高さ:1メートルあまり
茎は高く直立し、分枝しない。
葉は被針形で鋸歯があり、互生する。
直立した長い花茎に薄紫の鐘形の花を穂状につけ、下から上へと 順次咲かせてゆく。 花は斜め下向きに咲き、花冠は5裂し、5枚の萼片が反り返る。 花柱が突き出し、開花後まもなく柱頭が3裂して反り返る。
刮ハが実る。
ヨーロッパ原産。





蕾には5稜があり、初めは上を向いているが、咲くときは下を向く。(2017/9/21)


開こうとする蕾。 (2018/5/24)


葉は被針形で互生する。


下部の葉は少し幅広。


果実は刮ハ。 (2018/6/19)


刮ハは鐘形で、先に反り返った萼片が残っている。 (2018/6/19)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る