ハルシャギク

波斯菊

双子葉、合弁花、 キク科、 ハルシャギク属 舌状花と筒状花をもつ。1年草。 用語説明
花期:春〜夏 5月〜8月
高さ:1メートル
別名:ジャノメソウ
全体が無毛。 秋まきはロゼットで越冬して5〜6月に咲き、春まきは7〜8月に咲く。
茎は細くてたくさん枝分かれする。
葉は2回羽状複葉で、コスモスの葉に似て細裂し、対生する。
枝先に直径2〜5センチの舌状花と筒状花をもつ鮮黄色の頭花を1個つける。 舌状花は先端が黄色く基部が紫紅褐色で、初めは平開しているが、 次第に花弁がたれさがって蛇の目傘のようになるので、 ジャノメソウとも言われる。
そう果が実り、種子にはまわりに翼がある。
北アメリカ原産。



双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る