ハナトラノオ

花虎の尾

双子葉、合弁花、 シソ科、 ハナトラノオ属、多年草。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:40〜100センチ
別名:カクトラノオ
地下茎が横にのびて群生する。
葉は披針形で鋸歯があり、対生し、基部は茎を少し抱く。
直立する茎先の花穂に、 淡紅色や白の唇形花が四角柱形に密生し、 先は四角錐形になる。 花径は葯2センチで、内側に紅紫色の斑点があり、 下から上へと咲いてゆく。
果実は4分果。
北米東部原産。

(2003/8/17)


唇形花が四角柱形に密集して咲く。(2012/10/16)


淡紅色の唇形花が斜上ないし横を向く。(2016/10/6)


花穂は枝分かれし、多数の花をつける。下から上へと咲く。(2016/10/8)


葉は披針形で鋭い鋸歯があり、茎を少し抱く。(2016/10/8)


花後の萼の中に4分果がある。(2016/10/6)


(2016/10/6)


茎は高く直立する。(2017/10/10)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る