ハマエンドウ

浜豌豆

双子葉、離弁花、 マメ科、 レンリソウ属、多年草。 用語説明
花期:春〜夏 4月〜7月
海岸の砂地に生え、全体が粉白色をしている。 茎は角張っており、1メートルぐらい地をはってのびるが、 巻きひげでからむことのできるものがないと、あまり立ち上がらない。
葉は(偶数)羽状複葉で互生し、複葉の先は巻きひげになっている。 小葉は1.5〜3センチの楕円形で、葉柄の基部に小葉と同じくらいの 大きさの、耳状の托葉が対生する。日差しが強いと葉を閉じる。
葉腋から長い総状花序を出して、その先に蝶形の花を 3〜6個つける。花ははじめは赤紫色でのちに青紫色に変わる。
豆果は長さ5センチ、幅1センチぐらいの円柱形で、 サヤエンドウに似ており、数個の種子をもつ。

(2017/5/2)


茎先に蕾が総状につく。葉柄の基部に葉のような托葉がある。(2017/5/2)


偶数羽状複葉の先は巻きひげになっている。


茎は角張っている。(2017/5/2)


あまり立ち上がらない。


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る