ハマボウフウ

浜防風

双子葉、離弁花、 セリ科、 ハマボウフウ属、多年草。 用語説明
花期:夏 6月〜7月
高さ:5〜30センチ
海岸の砂地に生え、直根はゴボウのように長く、黄色を帯びる。 茎の上部や葉柄、花柄には白い軟毛が密生する。 茎は分枝せず、花期前は背丈がひくい。
葉は1〜2回3出複葉で、葉柄が長くて互生し、肉厚で光沢がある。 小葉は1.5〜6センチの倒卵状楕円形で、 不揃いな鋸歯がある。
茎の先にカリフラワーのような複散形花序をつけ、白色の小さい5弁花を 密につける。
果実は6〜8ミリの倒卵形で多肉であり、側面に6〜7本のひだがある。 十数個の分果が密着して球形の果実をつくる。

(2017/6/3)


白くて小さい5弁花を複散形状につける。(2017/6/3)


茎の上部や蕾に白い軟毛が密生する。(2017/6/24)


3出複葉の小葉は倒卵状楕円形で肉厚であり、鋸歯がある。(2017/6/3)


葉裏は淡緑色。 (2018/10/20)


葉柄は太くて赤みを帯びる。(2017/4/22)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る