ハボタン

葉牡丹

双子葉、離弁花、 アブラナ科、 アブラナ属、多年草。 用語説明
花期:春 4月
高さ:60センチ
直根があり薹(とう)立ちする。
円形の葉が同心円状に集まり、中央部の葉が紫等に色づく。 中央部の葉先が縮緬(ちりめん)状になるものが多い。 薹立ちした茎には葉が互生する。
冬を越して春に茎が伸びて、その先に黄色い4弁花が総状に咲くが、 冬の間だけ鑑賞する人も多い。
果実は長角果で、細長い。



(2007/2/4)


葉には変異が多い。(2015/3/18)


葉が深く切れ込む品種もある。


春になるととうだちし始める。




総状花序に黄色い4弁花が咲く。


細長い長角果ができる。(2016/6/29)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る