ゴジカ

午時花

双子葉、離弁花、 アオイ科(以前は アオギリ科)、 ゴジカ属、1年草(原産地では多年草)。 用語説明
花期:夏〜秋 7月〜10月
高さ:0.5〜2メートル
茎は高く直立し、平滑である。
葉は細長い3角形で、鋸歯があり、葉柄が長くて互生する。
葉腋に直径約4センチで橙色〜赤色の5弁花が横向きに咲く。 雌しべが太くて長い。 昼ごろ咲く1日花(それで午時花)であるが、 次々と蕾がついて、長期間咲き続ける。 蕾は葉腋にいくつかつくが、同じ場所では1つずつ咲く。 花は、ヤブツバキのように、雌しべ以外が一体となったまま落ちる。
丸い刮ハがつき、中に直径約1ミリの種子が多数ある。
熱帯アジア原産。江戸時代に渡来。

赤い5弁花が横向きに咲く。花柱は白くて長い。(2016/9/28)


5本の雄しべは黄色いが、各々にへら状の赤い付属体がある。 (2016/9/28)


萼も5枚ある。 (2018/10/16)


葉は細長い3角形で互生する。(2016/7/28)


鋸歯があり、葉柄が長い。(2016/7/28)


茎は直立し、高くのびる。(2016/7/28)


(2018/10/16)


蕾は円錐形で、葉腋につく。(2016/7/28)


丸い刮ハができる。(2017/10/18)


刮ハは葉腋に数個ずつつく。 (2018/10/16)


刮ハには尖った萼が残っている。(2016/9/28)


褐色の丸い種子が見える。(2017/10/31)


双子葉植物へ戻る
単子葉植物も見る
裸子植物も見る
総目次へ戻る